自費研onlineは、自費診療に関する、幅広く正しい情報を提供することで会員様の医院経営の収益を高めていく総合サイトです。

公開日: 

ホームページのデザインコミュニケーション。伝える・伝わる?フォントの重要性[自費診療ノウハウ]

伝える・伝わる? フォントの重要性

こんにちは。アートディレクターのムラタです。

商業デザインの中で、重要なファクターとされるもののひとつとして、写真とともにフォント(書体)は重要です。
手書き、カリグラフィー、活版、写植などの遍歴後に、世界はほぼデジタルな文字に埋め尽くされていますが、豊富なフォントのおかげで、発信側は文字自体に伝えたいニュアンスをのせて、さまざまなネット環境の読み手に届けることができます。
WEBサイトでは、「画像バナーで視覚的に伝える」「コンテンツを読んでもらい伝える」の双方が混在し、そのバランス自体も大切になります。
フォントは文章の内容と関係なく、見た目でその印象を与えてしまいます。
伝えたいことのイメージと合っていないフォントは、その文章や言葉を台無しにしてしまうこともあります。
日本語のWEBフォントは無料フォントの選択肢が少ないため、デザイン性が高く、読みやすいフォントにこだわるのであれば有料フォントという選択肢もあります。
しかしまだWEBフォントの汎用性では使用時の賛否が分かれているのも現状だと思います。

▼このページの流れ
1.そもそもWEBフォントとは
2.デザイントレンドと商品訴求
3.フォントメーカーのWEBフォントを活用する
4.フォントの選択時はコストとのバランスを

 

1.そもそもWEBフォントとは

関連記事

News

自費研メンバーズJihiken Members

メンバーズ特典

  • 特集記事が読める!
  • セミナーが無料又は優待価格
  • セミナー情報をメールでお届け!
  • 会報誌「自費研 Plus」をお届け!
  • 自費診療カタログますます充実!
自費研顧問s
無料介開業相談会
医療マーケティング講座

自費研カタログ

自由診療クリニック経営情報をお届けする会報誌 自費研plus

自費研 公式facebook