自費研onlineは、自費診療に関する、幅広く正しい情報を提供することで会員様の医院経営の収益を高めていく総合サイトです。

肩こりのボツリヌス治療 理論と実践

肩こりは日本人の国民病と言われるほど多数の患者がいます。
外国では筋膜性疼痛症候群と呼ばれ、2000年頃よりボツリヌス治療が広がっていますが、 日本では保険制度の問題もあり、普及していません。
今回は、その病態を知っていただくと共に、ボツリヌス治療のノウハウについて教示いたします。

会員登録せずに申し込む ※参加費は有料となります。

本セミナーではボツリヌス製剤の特性、施注に必要な基礎知識から「肩こり」の診断、 施注の方法にわたり解説を致します。また、実際にアセスメントを行い、肩こりに最適な施注ポイント、 投与量、施注手技を学んでいただく、ハンズオンを行います。
プログラム
  • 肩こりの病態とはなにか?診断名をどうする?
  • 外国で呼称される筋膜性疼痛症候群との関係
  • ボツリヌス治療の基礎と外国での広がり
  • 一般治療とボツリヌス治療の選択をどうする
  • ボツリヌス治療の実際(ハンズオン)
【対象者】
整形外科、形成外科、婦人科、美容クリニックで、肩こりの治療をお考えの方
ボツリヌス治療を始めようとお考えの方
ボツリヌス治療について知識と技術を深めたい方

寺本神経内科クリニック
院長
寺本 純 先生

名古屋大学医学部卒業。国立武蔵療養所・神経センター(現・国立精神・神経医療研究センター)、奈良県立医科大学神経内科、名鉄病院神経内科部長を経て、1996年、名古屋に寺本神経内科クリニックを、開設し現在にいたる。2010年、東京に八重洲痛みの診療室を開設。2016年駅前ビル再開発のため閉院。
日本内科学会認定医、日本神経学会専門医、日本頭痛学会専門医。『臨床頭痛学』(診断と治療社)発刊。 2002年より片頭痛のボツリヌス治療を開始、その他のオフラベル・ボツリヌス治療も実施、学会発表、文献多数。

寺本神経内科クリニック	寺本 純 先生

会員登録せずに申し込む ※参加費は有料となります。

【ハンズオン】肩こりのボツリヌス治療 理論と実践

日時
2017年11月26日(日)10:00~16:00
定員
20名
対象
医師
参加費
一般 180,000円・WEB会員 100,000円
場所
クリニック ル・ギンザ
所在地
〒104-0061
東京都中央区銀座4丁目1番先 北数寄屋ビルB1F
アクセス
  • 東京メトロ各線「銀座駅」C4出口より右方向へ徒歩1分
  • JR「有楽町駅」銀座口より徒歩3分
  • ※H.I.S.銀座本店 正面入り口の右隣のドアからお入りください

会場URL
https://www.clinic-le-ginza.jp/access/index.html

会員登録せずに申し込む ※参加費は有料となります。

は必須項目です

お申込みセミナー 【ハンズオン】肩こりのボツリヌス治療 理論と実践
お名前
ふりがな
職種  
所属医療機関
役職名
資料送付先  
郵便番号 -
都道府県
ご住所
ビル・マンション名等
電話番号 - -
セミナー当日緊急連絡先 - -
FAX番号 - -
ご連絡先メールアドレス
(携帯アドレス不可)
ご連絡先メールアドレスの確認
領収書  
領収書宛名
(領収書が必要な場合は
セミナーを知ったきっかけ

         

     

ご質問などあれば
ご記入ください。

SS-Facilities

お問合せ 受付時間 平日10:00~19:00

03-5155-3909